FC2ブログ

粉引四方小鉢

古賀賢治 粉引四方向付
古賀賢治 粉引四方小鉢


光のいろが白っぽくなってきて
三月という響きは独特な感じがします。

粉引四方の小鉢、正確には「入隅」(いりすみ)といって
四隅が内側に入っている形です。
真四角より、華やかさや動きがありますね。

ひとつには、海老とブロッコリー、茹で卵を
マヨネーズで和えたサラダを。
手前は、菜の花のおひたしを。
私は、からし醤油よりおかかをのせて味ぽんをかけるのが好き。

器の向きは、自由に決めて使っていいので
お刺身などをのせる時は、
野菜などには、 の方向を正面にして変化を付けます。
今なら真鯛のお刺身なんていいですね〜!!
見込み(盛り面)は、丸く、ほぼ平らになっていて
盛り付け易いかたちです。

マットな感じの粉引は、吸水性があるので
使っていくほどに、長い時間をかけて景色がつき
変化していくものです。
この柔軟さが、雪の上に訪れた春のようで
季節の食材に良く合います。


おひなさまも終わり、あと二週間くらいで
桜も咲くでしょう。
まだまだ風は冷たいです。
連暁は、3つ4つ開き始めました。
春ってやはり、嬉しいですね。


2017年03月08日 唐津 トラックバック:0 コメント:0

絵唐津 蛤小付 〜春に、思うこと〜

古賀賢治 絵唐津 蛤小付
古賀賢治 絵唐津 蛤小付


天候の不順に振り回されるようになり、もう春ですね。
ひな祭りも近づいてきたので
写真は、蛤の形をした小付です。

このごろ、思っていること。
よく占いなどで、「贅沢をする日」とかいうけど
自分にとって贅沢って何だろう、と。

欲しいけど、止めておいたものを買うとか
行きたい、見たいと思うところへ旅行に行くとか
逆に、何もしない時間を持つとか・・など
今だけ非日常に、スイッチを入れ替えよう、と
思うことかな。。

だからって、何も始まらないかもしれないけど
そういうことを抜きにしても
意識して、自分を喜ばせてあげることも
時には大事かな、と思う。

私の場合は、気になる器があるとき
どうしようかな〜贅沢だな〜いっぱいあるし〜
とか思うこともあるけど
使うことが喜びにつながる日用の道具として
自分にスイッチを入れても、いいんじゃないかな
なんて、思ってしまうのです。

自分を充たし、喜ばせることは
贅沢じゃなく、責任かな....なんて。
もちろん、器に限らずですが・・

そんなこと、思うのも
春だからなんでしょうね。

2017年02月23日 唐津 トラックバック:0 コメント:0

冬至の小豆がゆ

IMG_4625.jpg
古賀賢治 絵唐津千鳥飯碗   象彦 菊花盆


明日は冬至ということで、小豆粥を作りました。

実はこれ、おこわでお粥を作ってみたのです。
おこわ屋さんの友人から、よくおこわを頂くので
温め直すとき、ふと、お赤飯をお粥にしたら小豆粥、だよね。。
と思い、やってみました。
小豆粥のために小豆を少量煮るのはめんどうだし
コレは、いいかも・・と。


餅米なので、サラッと感というより、モチって感じですが
ちゃんと、小豆粥できました。
あと、塩昆布でもあったら良かったですね。

器は、絵唐津の千鳥の碗。やや大きめのご飯茶碗です。
お鍋のあとの雑炊など、アツアツのものにぴったりですよ。
内側の縁に、可愛らしい千鳥が3羽飛んでいます。
来年は酉年だしね。ちょうど良いです。


寒さで免疫力も下がる頃。
これからの年末年始に向けて
お腹にも優しくしてあげてください。

古来、赤は太陽を表わし、赤には魔除けの意味もあるので
だから、一番日照の少ない冬至に赤い小豆、なのでしょうね。

小豆は邪気を払ってくれるというからね。
小豆の力を借りておまじない。
夜はもちろん、湯船に柚子を浮かべてリフレッシュ。

今年もあと10日ほど。
ここ2、3日は暖かいけど
クリスマスにはまた寒くなるそうです。
くれぐれも、ご自愛ください。

良いクリスマスを!


2016年12月20日 唐津 トラックバック:0 コメント:0

柚子をいっぱい

古賀賢治 鉄絵7寸鉢
古賀賢治 鉄絵7寸鉢


ご近所さんから柚子をたくさん頂きました。
それに、昨日は町内会のお餅つき。
お昼には、つきたてのお餅が配られて、美味しかった。
いよいよ年末って雰囲気が迫ってきます。

さて、このたくさんの柚子。
冬至前でも、お風呂に浮かべたいし
柚子を搾って、寒鰆の柚庵焼きにもしたいな。

搾り汁と醤油、酒、味醂を合わせたつけ汁に
塩をふって臭みをとったサワラの切り身をつけ込み
オーブンかグリルで焼くだけ。
盛りつけに細く切った柚子の皮を添えて・・。

きのう魚屋さんで見たら、石川県産の鰆がありました。
そろそろ脂がのって美味しい時期かな。
食べたいな。。。

来週の水曜日21日は、もう冬至ですね。
日が暮れるのが早いです。

そろそろ冷蔵庫の整理もしなくっちゃ.....
お掃除はすすんでいますか?

子供の頃は何もしなくてもお正月が来たのに
大人になると、何かと気ぜわしい年末です。
少しでも早く寝るようにして
疲れを溜めないよう、気をつけてくださいね。

2016年12月12日 唐津 トラックバック:0 コメント:0

唐津の湯呑み

古賀賢治 唐津湯呑
古賀賢治 絵唐津湯呑 朝鮮唐津湯呑 絵唐津蔦文湯呑


天気予報では「雪」って・・。
まさか降らないでしょ 、って思っていたら
お昼前に雨音が止み、雪に変わりました。
ほんの1〜2日前は、20℃を超えアツイアツイと言っていたのに
真冬でも滅多にないくらいの寒さで、驚きです。
54年ぶりだって。

そういえば、父が昔「お酉さまの頃に雪が降ったことがある」と
言っていたなぁ。
子供の頃は家族でお酉さまに行き、お参りをしたあとに
露店でバラ売りをしているおままごと用のおもちゃの食器を
毎年少しずつ買ってもらって集めていくのが
楽しかったな。
私、その頃から食器が好きだったのですね。。


上の湯呑みは、3つとも唐津です。
絵唐津と朝鮮唐津。
朝鮮唐津はいい具合に釉薬が流れているものを
選ばせてもらっています。
なかなか上手くいかない不調の時もあるんですよね。
釉薬や窯など、最善を尽くしても、最終的には自然に委ね
火の神様のご機嫌しだいというところがありますから。

今年は紅葉がきれいだな、と思っていたところの
まさかの初雪!なので、もみじの葉もまだ枝にたくさんついたまま
冷たい雪の洗礼をうけている姿が、ちょっと痛々しかったな。

濃いめに淹れた熱いお茶が、土ものの湯呑みごと
指先と、気持ちを温めてくれて美味しいです。
やはり寒い季節は土ものがいいですね。

2016年11月26日 唐津 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

前のページ« » 次のページ