FC2ブログ

紫陽花と黄瀬戸七寸角皿

紫陽花と黄瀬戸七寸角皿
臼井和成 黄瀬戸七寸角皿


緑がいっそう深くなり、風が湿気を帯びて
もうまもなく梅雨がやってきそう。
今ぐらいがちょうどいい陽気かな。
乾燥しすぎは、ちょっと苦手。

庭の紫陽花も、咲き始めは真っ白で
少しピンクに色づいてきて
可愛いお嬢さんみたい。
このあと紫になり、ブルーになる。

この季節には、黄瀬戸や織部が似合うと
私は思っています。
織部や黄瀬戸は、秋冬ばかりじゃないのよ。
このくらいの湿度のある空気が
ガラス質に溶けた釉薬の艶と
質感が似ているようで
樹間を抜けてくる風とも
相性がいいように感じます。

黄瀬戸七寸角皿

織部のグリーンは
常緑樹の色。
片身にかけられた織部釉が
全体を締めて
ぐっと深みに引き込んでいる。
余計な模様はいらない
いらない。。


関連記事

2019年06月04日 黄瀬戸・織部 トラックバック:0 コメント:0

<< 「安藤忠雄 初期建築原図 展」を見に | 和!うつわ大好きTOP | 金彩染付 枝垂桜八寸皿 >>












管理者にだけ公開する