FC2ブログ

小原古邨 展/茅ヶ崎市美術館へ

小原古邨 展 茅ヶ崎市美術館


ここのところずっとお天気が良く
治りきらなかった風邪もようやく咳が治まってきたので
観たいと思っていた木版画を観るために
茅ヶ崎市美術館へ行きました。

美術館のリーフレットの表紙には、おや!
先日行った横浜の岩崎ミュージアム 秋の図書館 で見た
柄澤齊さんの作品じゃあないですか・・
茅ヶ崎にゆかりのある作家さんだったのですね。。

小原古邨は、日本画家から木版画を作るようになった人で
その花鳥画は色も構図も確かに日本画的です。
ですが、そこには古邨の独特なセンスあるモダンな構図、
そして版元の刷りも美しく、素晴らしい作品ばかりでした。

会期終了まであと数日というときで
想像以上に混雑していて、ゆっくりみるという状態ではなかったので
写真OK ,SNS OKということで
好きだなと思ったものを何枚か写真に撮ってきたら
なぜか鳥の図ばかりだったから
自分でも可笑しくなっちゃいます。

何と言っても色の濃淡、構図
絶妙ですね。

小原古邨
桜に烏


小原古邨
水辺の小鷺
水面に映る姿がお洒落です。


小原古邨
梧桐(あおぎり)にアオゲラ


小原古邨
こちらのタイトルはわかりませんが
水面の表現が美しいなと思いました。


茅ヶ崎市美術館は初めて行きましたが
閑静な住宅街にあるこじんまりとした
良い美術館で、とても落ち着きますね。
周りの環境もいい感じです。

関連記事

2018年11月02日 アート トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP | 銅版画の「染付 蓮池文」 >>












管理者にだけ公開する