葉桜の小鉢に

IMG_4761.jpg
橋本薫 赤絵葉桜小鉢


花もとっくに終わってしまってから出来てきた
葉桜の小鉢。

あぁ、また来年まで紹介できないのかしらと
思っていましたが......

ん?でも、サクランボの季節なんだから!と、いうことで
合わせてみたら・・

果実の赤と赤絵の色とが呼応して、とてもイイ感じ !!
桜の葉の緑も効いて、この小鉢のほうが
常識的に定番のガラスの小鉢などに合わせるよりも
オシャレ感がUPしてる、
と思いませんか?
器ごと冷たく冷やして。
ちなみに「葉桜」って、初夏の季語ですって。
でも初夏って、5月頃ですけどね。

良い器って、
「どうしても使いたい !」と思わせるオーラを
持っているものなんだと、また再認識しました。
奥が深い・・


それにしても、まだ梅雨が明けていないのに
真夏日がつづいて、この先の猛暑はいったい
どうなるんでしょう。。

そこで今年の対策のひとつとして『ガーゼのケット』
悩んだ末、思い切って買ってみました。
色は、イエローを選びました。ヒヨコみたいなきれいな黄色です。
よくあるキルトケットではなく、5層のガーゼ。
タオルケットより通気性が良くて涼しく、すぐ乾くし
軽くてやわらかいガーゼの肌触りが
とてもとても気に入りました。

熱帯夜の睡眠は、大事だからね。
今のところ、使い心地は大満足で
どうしても言いたくなっちゃいました。
みんな、今年もなんとか夏を乗り切ろうね。


関連記事

2017年07月09日 九谷 トラックバック:0 コメント:0

<< うなぎの日 | 和!うつわ大好きTOP | 水無月が終わる頃 >>












管理者にだけ公開する