FC2ブログ

夜桜のお茶碗

IMG_4672.jpg


以前習っていたお茶の先生がご高齢のため
お稽古をやめて、転居なさるということで
お道具の整理に行った先輩のお弟子さんが
私にと、お茶碗と着物などを届けてくださいました。

長年お稽古に使った京焼の夜桜の薄茶茶碗と
素敵な藤色の鮫小紋です。

どちらも、私がとても好きだったもので
着物は、初釜などのお茶会で、先生がお召しになって
いた姿が思い出されます。
とてもいい紫色・・
鮫小紋は、色無地と同等に着ることができます。

私が欲しいと言って選んだわけではなく
私に、と届けられたものなので
手元にあるものたちに、私のほうが選ばれたようで
何か、“縁” なのかなぁと、喜びを感じました。

“縁” って、長年うつわに拘わる仕事をしていて
常々感じているのは、
器自身が、自分の行きたい使い手(お客様)のところへ
選んで行くような気がする....ということ。

“縁” とは、目に見えない力の采配 なんだなぁ、と。
それは、小手先などの及ばないところにあるもので・・
。。まったく、有難いです。。


さっそくお抹茶を点てて一服。

IMG_0388.jpg

黒地に、金で描かれた山桜の老木に
白い花が満開です。
お菓子は、叶匠壽庵の桜もち。
大島桜の葉だそうです。

今年は素敵なお花見ができました。

関連記事

2017年04月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 季節は色を連れてやってきます。 | 和!うつわ大好きTOP | 染付 桜川碗/豆四方 >>












管理者にだけ公開する