青白磁 波の6寸鉢

IMG_4665.jpg
藤井憲之 青白磁 波の6寸鉢  古川章蔵 色絵小判皿


今日は、春分の日。お彼岸のお中日。
暑さ寒さも.....の分岐点です。

まだ寒くても、心持ちが違ってきます。

今日の器は、瀬戸の藤井憲之さん。
春は、青白磁が似合う季節。
ぽってりしたものから清々しく軽やかなものへ。

あさりの酒蒸しを作りました。
三ッ葉がいい香り。青白磁には、緑のいろが良く映えます。
熱くなって、あさりがパカッと口を開ける時が
ちょっと可哀想な気がするけど・・。

楽しいアクセントになる赤と黄色の小判皿には
カリフラワーのピクルスを。
酢・砂糖・塩少々にコンソメを入れて
一瞬だけ沸騰させ
(このひと手間で、酢のむっとした感じがなくなるので、大事)
充分に冷ましてから
黒コショウの粒(ホール)を何粒か加えて
小分けにして茹でておいたカリフラワーをつけ込みました。
一晩つけた頃からが食べ頃だけど
日持ちするので、冷蔵庫に入れてあります。

食べ物からも、春らしい気持ちに切りかわるのだから
旬のものを意識して食べることは大事です。
恩恵を「いただく」のですから。

春は、「張る」・・
つまり、木の芽が「張って」くる時期のこと。
「芽張り柳」とか、いいますよね。

きのう、あれ?鶯かな、と思う野鳥を窓の外に見かけ
今朝は、「ケキョ」って小さい声で練習しているようでした。
すぐに上手になるでしょうね。

まだ風は冷たいけど、厚手のものを脱いでみると
ずいぶん重たいものを着ていたんだなぁと
感じます。

関連記事

2017年03月20日 白磁・青白磁 トラックバック:0 コメント:0

<< 染付 桜川碗/豆四方 | 和!うつわ大好きTOP | 粉引四方小鉢 >>












管理者にだけ公開する