冬至の小豆がゆ

IMG_4625.jpg
古賀賢治 絵唐津千鳥飯碗   象彦 菊花盆


明日は冬至ということで、小豆粥を作りました。

実はこれ、おこわでお粥を作ってみたのです。
おこわ屋さんの友人から、よくおこわを頂くので
温め直すとき、ふと、お赤飯をお粥にしたら小豆粥、だよね。。
と思い、やってみました。
小豆粥のために小豆を少量煮るのはめんどうだし
コレは、いいかも・・と。


餅米なので、サラッと感というより、モチって感じですが
ちゃんと、小豆粥できました。
あと、塩昆布でもあったら良かったですね。

器は、絵唐津の千鳥の碗。やや大きめのご飯茶碗です。
お鍋のあとの雑炊など、アツアツのものにぴったりですよ。
内側の縁に、可愛らしい千鳥が3羽飛んでいます。
来年は酉年だしね。ちょうど良いです。


寒さで免疫力も下がる頃。
これからの年末年始に向けて
お腹にも優しくしてあげてください。

古来、赤は太陽を表わし、赤には魔除けの意味もあるので
だから、一番日照の少ない冬至に赤い小豆、なのでしょうね。

小豆は邪気を払ってくれるというからね。
小豆の力を借りておまじない。
夜はもちろん、湯船に柚子を浮かべてリフレッシュ。

今年もあと10日ほど。
ここ2、3日は暖かいけど
クリスマスにはまた寒くなるそうです。
くれぐれも、ご自愛ください。

良いクリスマスを!


関連記事

2016年12月20日 唐津 トラックバック:0 コメント:0

<< 唐子遊びのそば猪口 | 和!うつわ大好きTOP | 柚子をいっぱい >>












管理者にだけ公開する