FC2ブログ

秋海棠

秋海棠
古賀賢治 花三島 碗 粉引四方小鉢


秋海棠(しゅうかいどう)の花言葉は「片想い」

寒い雨の中、今が秋海棠の花の盛りです。
この花の花言葉をつい最近知りました。
秋海棠の葉は、何故かすべて左右非対称のハート型に
なっています。
だからきっと、いつも“片想い”をしているように言われて
しまうのでしょう。
本当に片想いなのかどうかは、誰にもわかりませんが。。

でも、どんな花でも咲く時はいつも
一途な恋をしているみたいだから可愛いのでしょうね。

秋海棠の別名は『瓔珞草』(ようらくそう)だそうです。
瓔珞とは、仏様の首飾り・ネックレスのことで
器の文様にも「瓔珞文」として使われます。

秋海棠が満開になると、仏像の胸や腰のあたりに
レース編みのように連なっている玉飾りのように
黄色いお菓子のような花心をのせた濃いピンクの花びらが
こぼれるように咲き、それは ”溢れる想い” のようで
その姿が健気です。


今日の雨は、近づく仲秋を実感させられますね。
そろそろ栗ご飯が食べたくなる時期です。
秋の炊き込みには、花三島がよく合いますよ。


関連記事

2015年09月17日 花々 トラックバック:0 コメント:0

<< 栗ご飯 | 和!うつわ大好きTOP | カスヤの森 中島克童展 >>












管理者にだけ公開する