FC2ブログ

松下村の絵の湯呑

橋本薫 色絵麦わら文湯呑 松下村 湯呑
橋本薫 色絵麦わら文湯呑 松下村 湯呑


松下村って聞くと、吉田松陰の松下村塾をまず
思い浮かべます。幕末ですね。
NHKの「花燃ゆ」も見ています。

日本の歴史の中でも幕末が好きで
徳川側からも土佐・薩摩・会津・新撰組....
いろいろな方向からの視点で小説を読み漁る時期が
私にも有りましたが、考えてみれば長州から見た幕末の
動乱って、読んでなかったな。

いつも坂本龍馬や西郷隆盛、新撰組などの相手として
長州の人たちが出てきただけで
長州藩の内側、背景などを中心に見ていくのは
わたしにとって「花燃ゆ」のTVが初めてなのです。


松下村塾かぁ。。幕末の長州ねぇ。。とか思いながら
この湯呑の絵をながめていると
松風が吹き抜けていく、風通しの良さそうな家々が
なんだか快適そうで、今の時代ではむしろ
贅沢にさえ感じます。
心のなかの風景なんでしょうね。

お茶でひと息つきながら
湯呑から感じる松籟を聴き
心を緩めていく時間。
何やら、物語りが広がっていきそうな
そんなひとときが、至福です。
なんだか疲れちゃうときって.....
ありますよね。。。

関連記事

2015年05月21日 九谷 トラックバック:0 コメント:0

<< 上野へ | 和!うつわ大好きTOP | 小さな いのち >>












管理者にだけ公開する