FC2ブログ

棚橋淳さん個展

IMG_2457.jpg


瀬戸で、黄瀬戸・織部・古瀬戸を作陶している
棚橋淳さんの個展に行きました。

今回の黄瀬戸は、今まで棚橋さんが作っていた
釉薬がガラス質に溶けて透明感のあるものと違い
釉調がかせて、枯淡のある、さらっとした質感を意識して
作ったそうです。

釉薬が薄くかかっているぶん、思いのほか手取りは軽く
見た目はざらっとしているけれど、手触りはしっとり滑らかで
緑のタンパンも深みがあり、いい具合にきいています。


いいな、と思ったのは、織部の掛花入れ。
陶板のように平たく、壁にぴたっとついているような形で
窯の中で酸素を調節して出した織部釉の、深緑の模様が
息をひそめた深海の風景のように神秘的な表情でした。
そこに花を挿すと、一転して生命力を帯び
生き生きと呼吸を始めるようで、息をのむほどです。


前に進むために挑戦をくり返さなければいられないのは
モノを作る人の宿命でしょう。
思考と迷いをくり返しながら...は、苦しみでしょうが
そこから生まれてくるものは、やっぱりブレてない
"そのひと”の作るもの.....なんだなと
改めて勇気づけられたような気がします。


棚橋 淳さん個展は
2月5日(火)まで  横浜高島屋7F美術画廊で。
写真はその展覧会のDMです。

関連記事

2013年01月31日 黄瀬戸・織部 トラックバック:0 コメント:0

<< 草間彌生 展 | 和!うつわ大好きTOP | 粉引三足向付  >>












管理者にだけ公開する