FC2ブログ

『土もの』の扱いについて

焼き物は大きく『石もの(=磁器)』と『土もの(=陶器)』の2つに分けられます。

簡単にいえば
 『石もの』は”石の粉” 有田や九谷などです。
 『土もの』は”土のつぶ”なので、茶色、赤っぽい、グレーがかっているなど
  産地によってまちまちですが、唐津、萩、信楽、備前、織部.....などが代表的です。

その『土もの』の扱い方について。

土には、空気を多く含んでいるため吸水性がよく
呼吸をするように、水を吸ったり、乾燥したりを繰り返しています。
したがって、シミになったりカビが生えたりもします。

そのために使い初めの新品の頃は、水やぬるま湯を含ませてから使うようにすれば
汁や油を吸ってシミになるのを防げます。
また、使ったあとはよく乾燥させてから仕舞えば、カビも防げます。
万一、カビが生えてしまったら
よく洗って完全に乾かして下さい。

      P8110187.jpg
      水につけるとポンポンとまだらに染みたり、縁の薄い部分から染みていったり....
      乾くと元通りに戻ります。
       
       

『土もの』はお使いになるほどに、より良い器に変化していくことが特長です。
その変化は、何年か使ったあとに新品のものと比べる機会があれば
明らかに違いがわかります。
色もつややかになり、ざらつきもなめらかになります。
新品のものがいかに素っ気なく、味気ないものだったのだろうと思うほどです。

どうぞ、縁あってお手元に来た器を大事にしまい込まずに
長く愛用してあげて、その変化をお楽しみください。



★花入れ、徳利、急須などの「漏れ」や耐火土を使っていない昔ながらの土鍋などの
 小麦粉やおかゆなどを使う本格的な[目止め]の方法もありますので
 詳しい事は、遠慮なくご相談ください。
 



 

関連記事

2011年08月11日 焼きもの全般 トラックバック:0 コメント:0

<< 銀彩流水文鉢 | 和!うつわ大好きTOP | 夏休み >>












管理者にだけ公開する