FC2ブログ

「安藤忠雄 初期建築原図 展」を見に

IMG_0161_480.jpg


文京区湯島にある文化庁の国立近現代建築資料館で
6/8から始まった「安藤忠雄 初期建築原図 展」を
見に行ってきました。


IMG_0164_320.jpg


もともと建築デザインが好きで
図面や間取り図などを見るのが好きです。
建築の構造に関しては詳しくはないのですが
良い建築と言われているものは、その図面も美しいので
有名な建築家の初期(若いころ)の図面を
見られる機会はほとんど無く
これは是非、実物を見たい!
美しいものを見に行きたい、という思いで
わくわくでした。


打ちっ放しのコンクリートでおなじみの安藤忠雄の
1973年頃からのエスキース、図面、建築模型の展示で
まだデビューしたてで弟子もなく、もちろんパソコンも無い
そんな頃だったので、自身でトレーシングペーパーに描いた
手描きのものばかりです。
模型も、スチレンボードではなく、この頃は木製のようでした。

IMG_0159_320.jpg
「大淀のアトリエ」1981/1982/1986


IMG_0162_320.jpg


IMG_0163_320.jpg
施工に使われる青焼き製本のコピーのようです。
こちらは実際にこのように1ページずつめくって見られます。

IMG_0153_320.jpg



IMG_0157_320.jpg
これは「水の教会」の模型やエスキース

IMG_0154_320.jpg



IMG_0152_320.jpg
氏の代表作の一つ「光の教会」の模型ですね
十字架の形に光が入っているのが見えます。


無機質なコンクリートと自然を融合させた建築で
現代の建築の礎を成した安藤忠雄の
これほど貴重な資料を見られる機会は
それほど無いと思いました。


ご興味のあるかたは、こちらをご覧ください。
文化庁 国立近現代建築資料館 「安藤忠雄 初期建築原図 展」

2019年07月03日 アート トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |