FC2ブログ

銅版画の年賀状

FullSizeRender.jpg


もう20年以上前から銅版画(エッチング)で年賀状を
作っています。

来年のひつじは、顔と手足が真っ黒な種類(サフォーク種?)の羊を
写真で見ておもしろいと思ったので描きました。

上の左側は、辰年のときの「タツノオトシゴ」
右は今年の午年のための「木馬」です。

週に1度、2時間くらいですが、近くの版画工房に通い
年賀状は10月頃から版づくりに取りかかります。
11月中には仕上げ、12月にはいる頃から刷り始めます。
小さい版ですが、1枚刷るのに私は15分くらいかかってしまうので
なかなか枚数を多く刷れません。

年賀状の本来の意味は、年始の挨拶に伺えないかわりなのですが
宛名を書きながら、顔や姿を心に浮かべ
今年は一度も会えなかった、元気かなぁとか、思いながら
「良い1年になりますように」と、
そのひとの幸福を祈っていることを
ひとりひとりに伝える事ができるから
いいのかな、と思います。

ふだん会う人にも、メールでやり取りする人にも
なかなかそんなことは言わないですからね。

幸福を祈っています。って思う時は
自分も、なんだか幸福な気持ちになりますね。
だからいいのかな。。

気付けばあと数日で今年が終わってしまいます。
クリスマスもあっという間に過ぎていきました。

これから来る年も
みんな、幸福な年になりますように
お祈りいたします。
良いお年をお迎えください。

2014年12月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

» 次のページ