FC2ブログ

人の世の三毒

瑾斎 桜散らし文椀
瑾斎 桜散らし文椀


お彼岸に見たお寺の小冊子に
『人の世の三毒の焔』について書いてあるのを読みました。
3つの毒 貪欲(むさぼり)
     怒り(不満)
     愚痴(愚かさ)

これは人間が生きていれば誰もが避けられないこと。
でも、これがあるから進むべき方向が示されるということも
あるのだと思いました。
欲は、意欲に繋がるし
怒りが、現状に不満を持つということならば
より良きを目指すということにもなる。
愚かさに気付けば、やはり次の段階へも進めるのでしょう。

経済だって、良質なものを買ったり食べたりして
こんな暮らしかたをしたい....という思いがあるから
発展していくのです。

つまりそのためには、良質な欲も良質な不満も必要だって
気が付きました。

境の商人だった利休さんだって、武将たちだって
美しいものを集めたいから頑張ったし
だから今、名品がたくさん残されているのだと。
そのために、かなりな額のお金が流れ、経済が動き
江戸時代には庶民の文化も発展したのですから。

・・・と、自分に言いきかせて・・増税前に・・
ずっと欲しかったものを注文しました。
言い訳が長くなりました。。。

2014年03月31日 漆器 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

» 次のページ