FC2ブログ

朝鮮唐津 湯呑

古賀賢治 朝鮮唐津湯呑
古賀賢治 朝鮮唐津 湯呑


大雪の影響で、先週届くはずの宅急便が何日か遅れてしまい
ようやく配達されました。
九州からの荷物、唐津焼の古賀賢治さんの湯呑やぐい呑です。
釉薬の調子がいいと聞いていたとおり
藁灰釉が口元から細く流れ、きれいに出来ていました。

それにしても、これほどまでの雪による影響は
南関東では珍しいことです。

大雪で物流まで滞ってしまい、
スーパーには日配品のパン・牛乳・玉子・うどんなどの棚が
空っぽになり、1週間経ってやっと品物が揃ってきたところです。


今週の水曜日、19日は二十四節気のうちの『雨水』。
二十四節気は、気候を24の節目に分けてあるので
ひと月に2回、約15日ごとに、変わりゆく季節の
目安になります。
気持ちのうえでも切替えになり、体調を整えたりして
過ごし方、暮らしかたを意識するのにも役立つ
古人の知恵ですね。

『雨水』は、それまでの雪が雨に、氷が水に
変わる時期です。

ところどころにまだ残っている先日の雪が
毎日小さくなっていくのを見ながら
「雨水」らしい景色だな...と感じます。


2014年02月21日 唐津 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |