旧海軍の司令長官 官舎を見学

庭から見たリビングルーム

「旧海軍 横須賀鎮守府 司令長官 官舎」を見学しました。

大正2年(1913年)に建設された、洋館と和風館の接合住宅で
洋館部分の屋根は、亜鉛葺き切妻型で美しい景観です。

終戦後は、アメリカ合衆国に接収され
昭和44年に日本に返還されました。

ダイニングルーム

ステンドグラスのあるダイニングルームです。

ダイニングルームのステンドグラス

桜が映るダイニングルーム

庭の桜がガラスに映ってきれいです。

ステンドグラスは、小川三知さんの作品。
明治に渡米し、ステンドグラスを学び
日本画の美的表現を取り入れ
日本のステンドグラス草創期に作品を多く残しています。
(他に、慶応義塾大の図書館など)

孔雀のステンドグラス 小川三知



リビングルームにはグランドピアノがありました。

グランドピアノ


昭和初期に輸入された STEINWAY&SONS 製です。

グランドピアノ


グランドピアノ


庭から見たダイニングルーム

外国のお客様をお招きして親善をはかったのでしょう。
庭園には、桜が多く植えられていました。

ベイウインドウ

ベイウインドウの2階部分は明かり取りの小窓が多くデザインされています。

東京湾を望む丘

庭園の端、丘の上からは東京湾が見渡せます。

しだれ桜もきれいです。

しだれ桜


しだれ桜


第二次大戦前の海軍による外交の様子がうかがえる
軍港の町 横須賀の貴重な文化財です。


桜の季節のみ、一般公開されます。
今年は3/31(日)までです。


写真はこちらにもUPしてあります。
https://picasaweb.google.com/110036265376397683662/OeAELF



個人的にはとても懐かしい感じがします。

2013年03月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

» 次のページ