もの語り

    IMG_1981.jpg
    

モノにはStoryがあります。

それが作られたStory
それが自分の元にやってきたStory

気に入って買った時の物語や
誰かにプレゼントされた時の想いや
何の気なしに毎日くり返し使うものでも
その背景には、物語があって

だから、なんとなく好きだったり
ものすごくお気に入りだったり
手放せない愛用の品だったり
なかには
.....だから、好きじゃなかったり.....

自分が身近で使うものには
その向こうにある物語も含めて
所有している、ということなのでしょう。


物が溢れている時代のモノの価値とは
それがどんな物語を持っているモノなのか
という事によっても
変わってくるように思います。

モノは、それを大事にしてくれる人のところにいく(やって来る)
という事も、しばしば感じることです。


暑さに耐えた8月が終わり
鏡のような月を見上げる季節がやってきます。

秋には秋の「物語り」があることでしょう。


2012年08月31日 白磁・青白磁 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

» 次のページ