FC2ブログ

『河井寛次郎 展』パナソニック汐留ミュージアムへ

IMG_0093.jpg


見ておきたいと思っていた「河井寛次郎 展」
パナソニック汐留ミュージアムへ行ってきました。

河井寛次郎は、柳宗悦と共に民芸運動を推進した人で
民芸という言葉が生まれた背景には、実用の美、
名もなき陶工、職人が無心に造った民衆の日用品、実用品に
見い出された美しさこそ芸術、という考えがあるので
河井寛次郎といえば『民芸』、の印象が強かったのですが
氏にとっての美とは、実用道具でなくても
「そこにあるだけで生活が美しくなるもの」が
実用品であり必需品である、と考えていたようで
その作品は、写真を見て想像していたよりも
どっしりと大きく、力強い存在感で
しかも繊細な心遣いを感じられる
芸術作品そのものでした。


氏の考えに基づいて集められた身の回りのものや
氏の暮らし方、それ自体が「美」の造形表現だったのだと
感じます。


私の好みですが、
作品の中では「呉洲刷毛目の大壺」が魅力的でしたね。
あと印象にあるのは「黄釉泥刷毛目 碗」など数点の茶碗が
高台が竹節高台で、扱い易そうな繊細な仕事でした。
辰砂六角の箸置きも、色、形ともに上品で
美しかったです。
それと、氏が愛用していた黒田辰秋の根来塗りの手箱も
芸術品でした。
ネクタイ入れにしていたようです。

下の写真は「呉洲泥刷毛目扁壺」です。
(ちなみにこの展示会では呉須が呉洲と標記してありました。
色々な字を当てることがあるようです。)

河井寛次郎 呉洲泥刷毛目碗扁壷


こんな可愛らしい木彫もありました。
犬と猫です。高さが30センチくらいあって結構大きいです。
床の間や飾棚に置かれたようです。

河井寛次郎 木彫 犬と猫



寛次郎 没後50年だそうで
展示品は、京都の河井寛次郎記念館の所蔵品が中心です。
パナソニック汐留ミュージアムでは9/16(日)までです。
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180707/



2018年08月22日 アート トラックバック:0 コメント:0

『版画工房』展

IMG_4520.jpg


少し時間が空いてしまいました。
10/10〜/15に私の通っている銅版画の工房の皆さんで
初めての『版画工房』展を開催し、私も何点か
出品、展示していただきました。

私は恥ずかしいので知人たちにはほとんど知らせなかったのですが
仲間のお知り合いの方たちが、初日からたくさんいらして
とても賑わい、楽しく6日間の日程が過ぎました。

こういう事は、準備のほうがたいへんで
・・と言っても、皆さんが頑張ってくださったのですが
それでも始まってしまうと、本当にあっという間です。

上の写真は、出品した作品の一部です。
橋本さんの「ほどけた花輪」のカップ&ソーサーを題材にして
版画を作ったものです。
やはり、好きなものをモチーフにするので
私の場合は、うつわや動物が登場することがほとんどです。



IMG_0343.jpg

横須賀、上町のギャラリーGris(グリ)さんは
戦前の建物がとても良い雰囲気で
きっとそのチカラが作品を引き立ててくれたのかもしれません。


IMG_0342.jpg

皆さんの作品は、あまり銅版画を見る機会がないという方にも
とても好評でした。

もし第2回があったら、今度はブログでもお知らせいたしますので
見に来てくださいね。
お忙しいなかお出掛けくださったかた
ありがとうございました。

2016年10月21日 アート トラックバック:0 コメント:2

横須賀美術館『嶋田しづ・磯見輝夫 展』

IMG_4313.jpg


連休初日の午前中は激しい雨だったので
予定していた墓参りは止め
観音崎の横須賀美術館へ。
コレは見たい!と思っていた企画です。

「嶋田しづ・磯見輝夫 展」ー 色彩とモノクローム ー
二人展ですが、特に興味があったのが
木版画の磯見氏の作品です。
これは、思っていた以上に良かったですね。

版画は、筆で描く絵画と違い、版に直接触りながら製作していって
それに、墨やインクを摺り込んで、紙に写し取るものなので
作者の持つイメージの迫力みたいなものが
版へ、リアルに伝わってくるような気がします。
作者が版と語りながら、格闘しながら、その材質を理解し
大げさですが、愛し、自分の表現したいイメージを作っていくー
特に木版は直接的ですね。。

磯見氏の木版は、作者が森や海、自然の中で聴き取った聖なる声を
版木となる杉板がその表現を手伝って、生命力のある作品が
生み出された、と感じました。
2003年頃からの近作は、
墨の濃淡、黒の強弱が生きていて
展示室はまるで、精霊に囲まれているかのような空間になり
素晴らしいものでした。。
久々に、滅多に買わない図録も購入しましたね。

いま、美術館受付で、ヒミツの言葉
「カフェをみた」というと
A5サイズのクリアファイルがもらえます!

4/10までね。
横須賀美術館
⇧割引券もついています。



2016年03月20日 アート トラックバック:0 コメント:0

「琳派と秋の彩り」山種美術館

IMG_4159.jpg


酒井抱一の秋草鶉図の、実物を観たくて
気持ちのいい秋晴れの日、広尾の山種美術館へ行ってきました。

想像通り、琳派のなかの秋は、雅味豊かで美しかった。。。

宗達はやはり凄みがありましたね。
光悦は書が上手い! 懐の深い美しさです。

乾山の書もいいですね。
陶器に描かれているものはよく見ますが
それよりも、紙のうえのほうが筆が軽やかでよく動き
書き易いのだろうと感じます。
上手いなぁと、惚れ惚れしました。

抱一は江戸時代の人。
宗達・光悦の意匠を受け継ぎ、現代へと伝わる琳派を
完成させていった絵師です。
今こうして琳派の優美な季節感を堪能できるのも
抱一のおかげかもしれません。

日本画の発色の良い岩絵の具の色も
やはり、写真では味わえない、実物ならではの美しさ。。

帰り道、日が落ちて暗くなった空を見上げると
満月に向けて膨らみかけた半月が、銀色で
わぁ、抱一の秋草図と同じだって
嬉しかったですね。


ミュージアムショップで買ったはんこです。
「奥村土牛の水蓮」と書いてありました。

IMG_4162.jpg

古赤絵の魚藻文の鉢のようです。楽しいね。
こういうの、大好き!


*山種美術館 HP 「琳派と秋の彩り」 
〜10/25(日)まで

2015年10月23日 アート トラックバック:0 コメント:0

サントリー美術館 乾山

サントリー美術館 乾山


日曜日、六本木ミッドタウンにあるサントリー美術館へ
尾形乾山を見に行きました。

乾山(けんざん)は尾形光琳の弟で
現代の京焼は、仁清、乾山がその礎を成していると言っても
過言ではありません。

乾山の時代は、俵屋宗達、本阿弥光悦、尾形光琳などが
公家の依頼を受けて、公家好みの王朝風美術品が
競うように作られた時代の後半のほうです。

乾山と光琳の合作の器もありますし
展覧会のタイトルには "着想のマエストロ 乾山" と
あるように、美の競演の時代のなかで
今までにない発想、というものを追求し、試みていた
陶工・乾山の姿を感じることができました。

丸や角の皿のなかに絵を描くのではなく
絵の形を皿の形にしてしまう、という自由な発想から
あの有名な 色絵竜田川向付 が生まれたようですが
鍋島の竜田川は、官窯であるためにきまり事が多く
丸皿のなかからは出られなかった、という
両者の比較は、面白いなと思いました。

変形の器は、当時、古染付の向付など
すでに存在していたはずですが
それを、和様に、京の土と色絵で
王朝風に華やかに発展させたのは
やはり、光琳とともに京の呉服商で育った
その環境も大きく影響しているはずだと確信します。

育った環境って、本当に大事ですね。
理屈ではなく、魂に染み込んでいるって感じで....。

京焼は、ほんとに優美でおしゃれです。


今回はポストカードを2枚買ってきました。

上段『錆絵百合形向付』  ミホ ミュージアム 蔵
下段 乾山 筆 『武蔵野隅田川図乱箱』(重文)
木製の箱に乾山が描いたもの  大和文華館 蔵




2015年06月09日 アート トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

» 次のページ