FC2ブログ

白磁の鉢にトマトスープ

IMG_4844_convert_20171111115846.jpg
藤井憲之 白磁 鉢  古川章蔵 色絵デタラメ文楕円皿


白菜が美味しい季節になってきたので
トマトジュースとコンソメで
簡単なトマトのスープを作りました。

今回は白菜の他に、じゃがいも、人参、鶏肉ですが
具材はその時にあるもので、けっこう何でも合いますね。
キャベツでも、ベーコンやウインナーでも....
じゃがいもはあっても無くても、お好みで。

お昼にサンドウィッチと食べて
夜は、ご飯ともう一度。
トマトジュースは無塩を使いました。
作り方は、私は自己流なのでクックパッドなどで調べて下さい。


少しアイボリーがかった白色の白磁鉢は、スープやお鍋の取り鉢
麻婆豆腐や酢豚などの中華おかず、またシンプルに白いご飯も
いいです。

形が美しいので、毎日のように使いたい器。
そして毎日使っていると、イイものだと実感できる器です。

IMG_4837.jpg

この白磁鉢は縁が開いた天開形(左)ですが
同じ作者の 飛青磁の鉢 は、やや丸みを帯びた碗形(右)です。
こちらもシチューや、小どんぶりにと活躍する形。
カフェオレのボウルのような形です。


立冬を過ぎて、温かいものが美味しいですね。
お腹にもやさしいです。
生野菜は身体を冷やすので、気をつけてください。
身体を温めると、免疫力が UP します。
トマトの栄養は、血管を強くして血圧にもいいし
リコピンは、お肌にもいいですよ。


2017年11月11日 白磁・青白磁 トラックバック:0 コメント:0

うなぎの日

IMG_4772.jpg
藤井憲之 青白磁 波の6寸鉢  箸置き 橋本薫 染付の魚  箸 蝶野秀紀


鰻屋さんで持ち帰り用を予約して
土用ということで、うなぎ食べました♡

器は、ふちに波の曲線が美しい六寸鉢。
淡いブルーとツルっとした質感、軽い手取りは
特に夏にはピッタリです。

こうした丼ものも、このくらいの浅さと開き具合のほうが
一般的な深い丼鉢より、ご飯と具をバランスよく
いっしょに食べていけるので、使い易いです。
盛り付ける時にも、具が外にはみ出したり
具をどけてご飯を掘るように掬っていったり
食べるときにこぼれ落ちたりして
深いと何かと上手くいかないことが・・

ご飯の量は少なめで、具はふつうに、という
私の好みにも、よく対応してくれます。
おかず、そうめん、丼もの....と
毎日のように食卓にある器ですね。


IMG_4774.jpg

そして食後には、頂き物の葛きりを。
黒蜜ではなく宇治抹茶粉蜜だそうです。
珍しいね、初めてです。
ほんのり苦さのある甘味でした。
ごちそうさまです。

こちらの器も、同じく藤井さんの白磁の鉢。
スッとした美しい天開型のこのかたちが大好きで
サラダはもちろん、麻婆豆腐、酢豚などの中華おかずなどの時にも
よく使います。


体は、食べたもので出来ているって
本当だなって、改めて感じるこのごろです。
誘惑に負けて、ヘンな食べ物でお腹いっぱいにならないよう
気をつけています。。
身体は正直だからね。思考にも影響するし。

2017年07月27日 白磁・青白磁 トラックバック:0 コメント:0

水無月が終わる頃

IMG_4756.jpg
藤井憲之 青白磁 波の6寸皿


水無月の無(な)は、「の」の意味で、『水の月』
旧暦で、田に水を入れる月のことだそうです。

その、水無月も終わる頃に
「愛している」と、
耳に残るかたちにして逝った人のことを聞いて
深いところで私の心が動いた気がしました。

よく、この世を去るときに感謝出来るように生きる、
とか言いますが、普段から周りの人に何かと助けられているので
「ありがたいな」と、日に何回も感じて過ごしているから
きっと私が死ぬときも「ありがとう」って
普通に言えるだろうなと思っていました。

でも、「ありがとう」って、〜してくれてありがとう、の受け身。
残されたものにとっては、もっとしたかったのにと、思うもの。
けれど「愛してる」は、もっと能動的ななにかを「残す」感じがして
言ったほうにも幸福感があるように思う。

失ったあとで、愛されている、と気付くまでは
ひとは悲しみに苦しむけど
ちゃんと、言葉として耳に残っていれば
生きていくチカラを授けてくれたようなもの。

マザーテレサも、死にゆく人に「愛している」と伝えたそうで
「愛している」は魔法の言葉と聞くけれど
言うほうも、聞くほうも「ありがとう」以上の
究極、なんだなと感じました。

死にかたは生き方、だと思っていたけど
つくづく、それは時間的な長さは さほど問題ではなく
深さ、なんだなと。。。

なんでもない日常でも
自分の「愛してる」を思えば
より深く気付けるものがある
そんな日常を過ごせるように思います。

ちょっと長くなっちゃいました。
上の写真のうつわの作者、藤井さんは
「自分の作るうつわは、なんでもない器」と
おっしゃったそうです。
でも、その「なんでもない」が
美しいのです。

2017年06月28日 白磁・青白磁 トラックバック:0 コメント:0

季節は色を連れてやってきます。

藤井憲之 白磁カップ&ソーサ 青白磁マグカップ
藤井憲之 白磁カップ&ソーサ 青白磁マグカップ、湯呑み

初夏の色ですね。花は白の山吹です。
4月は ToDo が多くてあっという間でした。
次々と咲く花々を見ながら、季節が過ぎていくのを感じます。

家の裏に住み着いた子猫さんたち3匹は、4月で1歳になり
去勢や避妊手術のために、朝、動物病院、夕方、お迎え、を
3回繰り返し・・と思ったら、ママ猫は今年もまた出産したようで
やれやれ、これからどうなることやら。。。

今は、ノラ猫といわず、地域猫と言うそうです。
ご近所みんなで可愛がりながら癒されています。

そして、夏に向けて去年は網戸を張り替えたので
今年は障子を何枚か張り替えたりして.....。

つくづく、日本は木と紙の文化だなぁと思いながら
張りました。
季節によって、木や障子紙、畳などが呼吸をするように
湿度を調節してくれています。
実際に、雨が続くと戸が重く感じますから。

外はといえば、草が伸び、枝が伸び
まだまだ梅雨前の ToDo は続きます。
季節の変わり目は、忙しいですね。待ってくれません。

季節は色で気付きます。
少し前は、ピンク
今は、鮮やかな緑色ですね。

2017年04月30日 白磁・青白磁 トラックバック:0 コメント:0

青白磁 波の6寸鉢

IMG_4665.jpg
藤井憲之 青白磁 波の6寸鉢  古川章蔵 色絵小判皿


今日は、春分の日。お彼岸のお中日。
暑さ寒さも.....の分岐点です。

まだ寒くても、心持ちが違ってきます。

今日の器は、瀬戸の藤井憲之さん。
春は、青白磁が似合う季節。
ぽってりしたものから清々しく軽やかなものへ。

あさりの酒蒸しを作りました。
三ッ葉がいい香り。青白磁には、緑のいろが良く映えます。
熱くなって、あさりがパカッと口を開ける時が
ちょっと可哀想な気がするけど・・。

楽しいアクセントになる赤と黄色の小判皿には
カリフラワーのピクルスを。
酢・砂糖・塩少々にコンソメを入れて
一瞬だけ沸騰させ
(このひと手間で、酢のむっとした感じがなくなるので、大事)
充分に冷ましてから
黒コショウの粒(ホール)を何粒か加えて
小分けにして茹でておいたカリフラワーをつけ込みました。
一晩つけた頃からが食べ頃だけど
日持ちするので、冷蔵庫に入れてあります。

食べ物からも、春らしい気持ちに切りかわるのだから
旬のものを意識して食べることは大事です。
恩恵を「いただく」のですから。

春は、「張る」・・
つまり、木の芽が「張って」くる時期のこと。
「芽張り柳」とか、いいますよね。

きのう、あれ?鶯かな、と思う野鳥を窓の外に見かけ
今朝は、「ケキョ」って小さい声で練習しているようでした。
すぐに上手になるでしょうね。

まだ風は冷たいけど、厚手のものを脱いでみると
ずいぶん重たいものを着ていたんだなぁと
感じます。

2017年03月20日 白磁・青白磁 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

» 次のページ