FC2ブログ

刷毛目徳利を一輪差しに

吉村昌也 刷毛目徳利
吉村昌也 刷毛目徳利


刷毛目の徳利を一輪差しにして
庭の紅額あじさいを入れました。
箱には「刷毛目徳利」とあるので、間違いなく徳利なのですが
ちょこっと手折った身近な花に、とても合います。

この刷毛目の具合が夏の白雲のようで
花を入れて眺めていると、いつも思い浮かぶのが
『 白 雲 抱 幽 石 』(白雲、幽石をいだく)という
お茶席には、この季節におなじみの禅語です。

文字通り、深山幽谷に、巨石をも包み込むように
ゆったりと湧き出る白雲。
それだけで自然の幽玄さと豊かな時間を満喫できる気がします。
これは作者の寒山という禅僧が
「あなたは、どんなところに住んでいるのか?」と
尋ねられた時の答えとして、『寒山詩』のなかに出てくる句です。

しかし、禅語として言い伝えられているということは
もっと深い意味があるはず。
私なりに解釈しているのは・・

石のように頑な心も、
白雲はおおらかに、ありのまま抱いている、と。

「北風と太陽」のように、旅人の重いコートを
なんとかして脱がそうと(相手を変えようと)するのでもなく
不安や悲しみで硬くなってしまいがちな心も
ありのまま、そのままでいいんだよ、と優しく抱くように
認めていくのがいいんだ、というふうに感じます。

大好きな歌「白い雲のように」みたいに
まったりと、おおらかに人生を旅していけたら幸せですね。

ちなみに、この詩の終わりのほうで寒山は
『 虚 名 定 無 益 』(虚名、定め益なし)
名声(や、富など)は、まったく虚しくて無益だ
と、言っています。


梅雨も本格的、と感じる日々。
紫陽花は、湿度が高くなってくると
色が濃くなっていくそうです。

紅額(べにがく)は、咲き始めは真っ白で
雨が降るごとにどんどん紅色に染まっていき
花が終わる直前に深紅になります。
ちょっと悲しげな赤です。

2016年06月13日 粉引・刷毛目 トラックバック:0 コメント:0

吉村昌也さんの粉引 その2

IMG_1879.jpg

吉村昌也さんの粉引台皿と冠向付です。

吉村さんは少し変わった経歴を持つ作家さんで
フランス語が堪能で、商社マンとしてお勤めをしながら
夜間や休日に陶芸を学び、その後独立されたと聞いています。

茨城県の笠間に築窯なさって
李朝の粉引を師としながら生み出される”吉村粉引”は
独創的で生き生きとし、凛とした気迫を感じます。

多くの人を引き付けるその作品の魅力は
細部まで行き届いた繊細さが
全体の緊張感を創り上げ
張りつめられた空気に目が離せない...というところでしょう。

青白く輝く肌は光沢があり
粉引でありながら素地は固く焼き締められていて
吸水性は少ないので染みにならずに
食器としても使い易いです。


焼きものは、割れても破片は朽ち果てることなく
永久に残っていって、何百年後に掘り出されたりします。

陶を焼く人はそのように”悠久の時間”に介入して
ずっとあとの誰かにメッセージを残せるんだ! と思うとスゴイけれど
それだけに、今のことだけを考えずに
惜しみなく注ぎ込んで
”今”を見せてほしいですね。




2012年06月17日 粉引・刷毛目 トラックバック:0 コメント:0

吉村昌也さんの粉引

IMG_1827.jpg

笠間の吉村昌也さんの粉引湯呑と高杯です。
吉村さんの粉引は、キリッとした緊張感ある白が
使い手の心を虜にします。


昨年の震災で、茨城県笠間にある吉村さんの窯も崩壊し
壊滅的なダメージを受けたことを
迂かつにもつい最近知りました。

笠間はどうだったのか、心配はしていましたが
壊滅とは想像以上でした。

再建を断念することも考えざるを得ない状態だったところ
吉村さんを励ます有志の方々のご尽力により
数百万かかる窯の再建支援のための寄付が集まり
念願が果たせたそうです。

吉村作品のファンでありながら無力ですが
こうして作品をご紹介していくことで
応援していきたいと思います。


ひとつことに熱中し、邁進する人の姿は
いつしか他の人の力を呼び寄せ
共感を与え
勇気を送り返すことができるんだと知りました。



2012年05月27日 粉引・刷毛目 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |