FC2ブログ

天啓赤絵の銘々皿に結び昆布

IMG_0491_480.jpg

中尾郁夫 天啓赤絵銘々皿  橋本薫 早蕨文汲出碗 染付箸置き


なかなかに厳しい寒さが続きますね。

気仙沼から取り寄せたという昆布を
ご近所さんから頂いたので、煮ました。
乾燥した昆布ではなく、湯通しした塩蔵昆布です。
この方が、水に戻す必要もなく便利ですね。
水洗いしてから塩抜きのために30分ほど水に浸した後
端から結んでは切り、結んでは切り...をして煮たあとに
一晩味を含ませたら、ぐぅーんと美味しくなります。
柔らかくて香り高い、立派な昆布でした。

塩抜きのために浸した水は、それほどしょっぱくなく
昆布のいい香りがしたので、お吸い物に使いました。
乾燥した昆布の時は、しょっぱすぎるので捨てますが
今回は、捨てなくてよかった。。

器は、瀬戸の中尾さんの天啓赤絵の銘々皿にしました。

天啓(てんけい)は、中国 明時代の
今でいう平成とか昭和などと同じ元号で
その時代の赤絵を模したお皿です。

「天啓」という言葉の意味は
天からの啓示=神など、高次元からのお告げ
という感じです。
なので、それに昆布をのせれば(喜ぶで)
吉兆、良い知らせ!・・なんて、
お遊びですが。。

昆布は、神様にお供えするものなので
貴重で、おめでたいものです。

小鉢に使った左奥の汲み出し碗には、
わらびやフキノトウが描かれています。

春よ、濃い。という感じで
毎日寒いので、立春が待ち遠しいです。



2018年01月27日 赤絵 トラックバック:0 コメント:0

古代米の黒米ご飯

黒米
京焼 赤絵飯碗


稲の原種、古代米の黒米を白米に混ぜて炊いたご飯です。

以前どこかで食べて気になっていたのですが
売っているのを見つけたので、早速試してみました。

いつもの白米に、黒米をほんの少し混ぜて炊飯器で普通に炊くと
お赤飯のような赤紫色のご飯が炊けました。
ちょっとまだらですが・・

黒米の香りなのか、気のせいかいつもよりご飯の香りに
濃い深みが増したような、甘みを感じる良い香り。
モチモチ感もでて、なかなか美味しいです。

白米2〜3合に、大さじ1杯ぐらいの割合で混ぜるだけ。
黒米は、洗わずに水で流す程度でよいそうです。


   黒米


小さめの粒で真っ黒。
この色は、ポリフェノールの一種、アントシアニン。
洗うと、水に流れてしまうそうです。
ビタミン、亜鉛など含まれていて
からだのなかもきれいになりそうですね。

黒米について、もっと詳しく知りたいかたは・・

薬膳の書 黒米のページ

ほんの少し混ぜるだけで、果たしてどれほどの効果があるかは
わかりませんが、ちょっと気分転換にもなるし、美味しいので
しばらくは黒米、食べようと思います。




2013年04月25日 赤絵 トラックバック:0 コメント:0

たけのこ

今日は暑い。
陽差しが白っぽくて真夏のようです。
「立夏」とは、本当ですね。

 IMG_0896.jpg
 赤絵花文小鉢  高橋芳宣  

タケノコの土佐煮、おかかです。
今年はいつもの年に比べて、タケノコを食べる回数が少なかったかな。
もうじき終わってしまいますね。

タケノコは、出てきた時の太さのまま大人になるので
細い子は、大きくなっても細いまま。
生まれた時に器の大きさが決まっているみたいで
なんだかセツナイですよね。


御前崎の浜岡原発は、どうなるのでしょうかね。
いろいろな意見があって気になります。
今からでも原発は止められるけど
地震や津波は止められないのだから・・・

被害が出れば、いつだって「想定外」なのですから。

2011年05月08日 赤絵 トラックバック:0 コメント:0

新米!

いよいよ新米にかわりました。
新米と聞くと、やっぱりちょっとワクワクしますよね。
今年も自然の恩恵をプレゼントされたみたいで嬉しい気持ちがします。

我が家では、毎年、新米にかわると感謝を込めて
しばらくの間は赤絵のご飯茶碗でいただきます。

京焼の薄手のご飯茶碗で、赤絵は花と鳥、竹などの
中国、明の時代からある伝統的な文様で、赤と緑の色を使い勢いよく描かれた
お正月や、お祝いの席には欠かせない華やかなうつわで
よく、煮物やお菓子などの盛り鉢にお茶席でも使われる格調高い焼き物です。

 IMG_0272.jpg
 京焼「赤絵花鳥文飯碗」 京都五条坂にある老舗 滝口光石さんの作です。薄作りなので、とても軽いです。

    赤絵飯碗 小-1
     表側と裏側の模様です。どちらを正面にするかはお好みで。

ひと月ぐらいの間、このお茶碗で新米を「お米のお正月」のような気持ちで
味わいながらいただくのが、本当に楽しみなのです。

次の茶碗に替える頃は、秋もいよいよ深まり木枯らしが吹く頃です。
その頃になると、またその季節にふさわしい茶碗が食卓に登場します。
 

2010年09月29日 赤絵 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |