FC2ブログ

石洞美術館『石洞山人 交遊録』展へ

IMG_0732_480.jpg


この色絵花鳥文大皿(有田1655~1660年代)いいでしょ。
足立区にある石洞美術館で始まった
「石洞山人 交遊録」展へ行ってきました。
昭和時代の実業家で美術品の愛好家であった佐藤千壽氏と
交流のあったアーティスト達から集められた(集まってきた?)
陶器などの展示で、その交流の広さに驚きました。
ものが人を呼ぶって、本当だな、と実感。

小山冨士夫、濱田庄司、バーナード・リーチ.......
たまたまつい先日原田マハの「リーチ先生」を
読み終えたところだったので
小説に出てきたような焼き物が目の前にあって
ちょっとドキドキ、興奮気味。

印象にある作品はやはり案内状にある有田の大皿。
これは、小山冨士夫さんから譲り受けたもののようです。
あと、小山さん作の絵唐津の鉢は、おおらかで
すごくいい感じでした。
唐津の中里家に滞在して作られたようです。
小山さん、さすが。

濱田庄司さん作の黒釉面取花生も良かった。
それから56cmもある大皿(大鉢?)は、圧倒される勢い。
気迫を感じ、すごいな。。と溜め息。

あと、意外だったのは、銅版画家の駒井哲郎さんとも
親交が厚くて、駒井氏の作品がずいぶんあったことです。
昨年の横浜美術館であった「駒井哲郎 展」にも行ったので
ちょっと嬉しかった。

そして帰りがけに、自分へのお土産に購入したのは、コレ

IMG_0733_480.jpg

一昨年、私もこの「古染付」展に来たのに買わなかったから
今回、受付で見た時は、即買いでした。

「古染付」展は1期、2期、3期とあって
1期を見に行ったあと、また来るつもりで
結局行かれなかったから、買えなかったんだ。。

この図録、古染付ずきなら気を失いそうなくらい
すごい内容!

IMG_0735_320.jpg
IMG_0734_320.jpg

全て、石洞美術館の所蔵品なんて❗️身震いする!
やっぱり古染付、大好き。

その時のブログ記事は、こちら 石洞美術館「古染付」展に

図録はHPから通販でも買えるようです。こちら

2019年09月06日 染付 トラックバック:0 コメント:0

あおさとじゃが芋、茗荷のお味噌汁

IMG_0730_480.jpg


ずっと続く猛暑で体調を崩している人が多いです。
咽頭炎や気管支炎か、
私も長引く咳がちっとも治らないでいました。
みんな暑さで抵抗力が落ちているせいか
同じような症状の人が
同じようなことを言っています。
それだけ大変な夏です。。。

でも今、はまっているのが
あおさの味噌汁。
それも、じゃが芋と茗荷の味噌汁に
火を止める直前にパサっとあおさを入れるだけで
簡単で、とても美味しいです。
今の季節、火の前にいるのは暑いので
じゃが芋も半分か、1/4に切ったものを
8ミリぐらいの厚さにして
早く火が通るようにしちゃうといいです。

それと茗荷も、すぅーとした香りが
食欲を助けてくれ、疲労回復にも良さそう。
茗荷、美味しい。
そうめんや冷奴の薬味だけでなく
夏のお味噌汁には、茗荷を欠かしません。

でも台風の後、レタスなどが高くなっちゃって
茗荷も倍くらいに値上がりしてしまっています。

そろそろ秋の気配とやらを
感じたいですね。
みんな疲れ切っている感がありますよね。
夏こそミネラルの補充のためにも
お味噌汁は毎日食べた方がいいですよ。
美味しいから。。

みなさん、お大事にしてください。
良い秋を迎えたいですね。

2019年08月19日 生活 トラックバック:0 コメント:0

染付 あざみ文飯碗

小山弘治 染付 あざみ文飯碗
小山弘治 染付 あざみ文飯碗


明日8日は「立秋」
残暑お見舞い申し上げます。
本当に毎日暑くて大変ですね。

私と言えば・・
ブログも書かずに毎日ウダウダと過ごしています。
これほど暑くなる前には
以前より一度見てみたいと思っていた
川崎大師の風鈴市に行き
全国の焼き物やガラス、南部鉄器などで作られた
風鈴を見てきたりしました。

さて次は、千葉市美術館の「魯山人展」に行こうと思っていたら
この猛暑が始まってしまったので
まだ行っていません。。(〜8/25まで)
魯山人は、今まで何度もなんども
たくさんの作品を見てきましたが
やはり時間が経つと、また見たいと思うのです。

それから、東京ステーションギャラリーのメスキータ展にも
行きたい。(〜8/18まで)
そう思いながら、結局クーラーの効いた部屋で
原田マハの「リーチ先生」を読んでいます。
そう、英国人陶芸家バーナード リーチの物語です。
柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司、富本憲吉など
おなじみの人たちが出てきて面白いですね。
驚いたのは、バーナード リーチが銅版画(エッチング)を
日本に広めようと思い来日した、ということ。
私も、銅版画の教室に通っているので
え〜、そうだったの⁉️って、感じでちょっと嬉しかった。
まだ読んでいる途中だけど
私も陶芸習いたいな、と思います。

今までこれだけたくさんの焼き物を見て
触って、使ってきて
まだ、作ったことがないから
実際に自分で作ってみたらどうなのかな....なんて
思うようになってきた、このごろです。


それにしてもこの暑さ、早く収まって欲しいですね。
体調管理も疲れます。。。
皆様も、お大事に。

2019年08月06日 染付 トラックバック:0 コメント:0

「安藤忠雄 初期建築原図 展」を見に

IMG_0161_480.jpg


文京区湯島にある文化庁の国立近現代建築資料館で
6/8から始まった「安藤忠雄 初期建築原図 展」を
見に行ってきました。


IMG_0164_320.jpg


もともと建築デザインが好きで
図面や間取り図などを見るのが好きです。
建築の構造に関しては詳しくはないのですが
良い建築と言われているものは、その図面も美しいので
有名な建築家の初期(若いころ)の図面を
見られる機会はほとんど無く
これは是非、実物を見たい!
美しいものを見に行きたい、という思いで
わくわくでした。


打ちっ放しのコンクリートでおなじみの安藤忠雄の
1973年頃からのエスキース、図面、建築模型の展示で
まだデビューしたてで弟子もなく、もちろんパソコンも無い
そんな頃だったので、自身でトレーシングペーパーに描いた
手描きのものばかりです。
模型も、スチレンボードではなく、この頃は木製のようでした。

IMG_0159_320.jpg
「大淀のアトリエ」1981/1982/1986


IMG_0162_320.jpg


IMG_0163_320.jpg
施工に使われる青焼き製本のコピーのようです。
こちらは実際にこのように1ページずつめくって見られます。

IMG_0153_320.jpg



IMG_0157_320.jpg
これは「水の教会」の模型やエスキース

IMG_0154_320.jpg



IMG_0152_320.jpg
氏の代表作の一つ「光の教会」の模型ですね
十字架の形に光が入っているのが見えます。


無機質なコンクリートと自然を融合させた建築で
現代の建築の礎を成した安藤忠雄の
これほど貴重な資料を見られる機会は
それほど無いと思いました。


ご興味のあるかたは、こちらをご覧ください。
文化庁 国立近現代建築資料館 「安藤忠雄 初期建築原図 展」

2019年07月03日 アート トラックバック:0 コメント:0

紫陽花と黄瀬戸七寸角皿

紫陽花と黄瀬戸七寸角皿
臼井和成 黄瀬戸七寸角皿


緑がいっそう深くなり、風が湿気を帯びて
もうまもなく梅雨がやってきそう。
今ぐらいがちょうどいい陽気かな。
乾燥しすぎは、ちょっと苦手。

庭の紫陽花も、咲き始めは真っ白で
少しピンクに色づいてきて
可愛いお嬢さんみたい。
このあと紫になり、ブルーになる。

この季節には、黄瀬戸や織部が似合うと
私は思っています。
織部や黄瀬戸は、秋冬ばかりじゃないのよ。
このくらいの湿度のある空気が
ガラス質に溶けた釉薬の艶と
質感が似ているようで
樹間を抜けてくる風とも
相性がいいように感じます。

黄瀬戸七寸角皿

織部のグリーンは
常緑樹の色。
片身にかけられた織部釉が
全体を締めて
ぐっと深みに引き込んでいる。
余計な模様はいらない
いらない。。


2019年06月04日 黄瀬戸・織部 トラックバック:0 コメント:0

| 和!うつわ大好きTOP |

» 次のページ